悪徳業者に引っかからないための予防策

自然エネルギーのブームにのって、太陽光発電を利用した悪徳業者が後を絶ちません。
ニュースなどでも度々話題になりますが、先に着工費を払ったのに工事がいつまでも始まらなかったり、契約した金額が他社よりも異常に高かったり、発電量が説明時よりも低かったりということでトラブルが多くあります。

 
太陽光は非常に高価で、我が家の屋根に設置するものですから、何かあってからでは遅くなります。
悪徳業者から身を守るための予防策は、いつでも張っておく必要があります。

 
地域に古くからある建設会社であれば信用性は高いのですが、訪問販売の場合は自社ビルで建っているのか、テナントなのかで信用はまた変わります。
説明時に「残りが何件」という人も怪しいです。

 
「今回だけの特別な金額」と言う営業マンは、殆んどがセールストークですので信用はできません。
人の購買意欲を上手に活用するのが営業テクニックと呼ばれるものですので、その場で決めるのではなく、他社の見積もりと比較検討すると伝えましょう。
それでも引き下がらない場合や、契約後の解除を申し出ても受け入れない場合は、消費者センターに連絡をすれば解決してくれます。

 

camp_l
業者が一番恐れているのは警察ではなく、強制的に契約解除ができる消費者センターだからです。
とにかく、いきなり契約をしないことと、十分な下調べをすることが一番の予防策となります。