キャンペーンやモニターなど、期間限定であることを煽ってくる

近年、家庭においても地球環境意識が高まり、身近になったエコライフ。
その代表として最も注目されているのが「太陽光発電」です。
家庭への普及率は近年増加しており、今後もますます普及が拡大するという予測がされます。

 

 

しかし、こうして太陽光発電が普及する一方で、販売業社との間でのトラブルや苦情も急増しているとのことです。
なぜトラブルが発生するのかと言えば、販売業者が訪問や電話で勧誘してきた時の当初の説明と、契約後の実際の状況に、大きな差があることが考えられます。

 

 

トラブルの多い業者に共通するのは、説明の際に、「今なら期間限定のキャンペーン中ですので、お得ですよ」「太陽光発電を設置していただけるモニターのご家庭を探していますが、今ならモニター価格で設置できますよ」などと言って、期間限定であることを強調し、早期の契約を煽るケースです。
こうして煽られて契約したものの、実際には他に比べて安いわけでもなく、むしろ高い場合もあるそうで、トラブルになってしまいます。

 

 

期間限定を強調するのは、早期に契約をさせるためのセールストークです。消費者のためでなく、業者自身のためです。このような業者は信用できませんので、契約を急かされても即決してはいけません。

コメントは受け付けていません。