できるだけ真実に近い試算結果を見るための工夫

家庭用太陽光発電システムの導入を考えている人は多いでしょう。実際に決めてとなるのはその費用のようです。

 

システムの導入には100万円単位の費用がかかりますし、それに比べれば少ないですがメンテナンス費もかかります。国の補助金は今年度末で終了しますし、売電価格も年々下がる傾向にあります。導入をするなら早いほうがいいのですが、だからといってどんな業者に頼んでもいいというわけではありません。残念ながらいわゆる悪徳業者も少なくないようです。

 

そこで、悪徳業者にひっかからないように、ユーザーもそれなりの知識を持つ必要があるのです。
業者が必ず提示してくるものに太陽光発電の試算があります。これは、簡単に言うとシステムを導入した際にどれくらいで元が取れるのかの計算です。フォーマットがあるので実は誰にでも試算は可能なのです。しかも、経年劣化や売電価格の低下などは考慮されていないので、実際とはかけ離れた試算結果になることが多いようです。

 

そこで、そういった結果にならないように様々な工夫がなされたフォーマットをインターネット上で手に入れることができます。業者の話に丸め込まれないように、自分できちんとした試算をするなど工夫をすることが大切です。

コメントは受け付けていません。