太陽光発電の試算は信用するな!危険すぎる営業マンのセールストーク

住宅の新築の際、またリフォームをする時に考えるのは太陽光発電の設置です。

 

当然のことながら住宅メーカー、工務店は太陽光の設置を勧めてくるでしょう。太陽光を設置するなら安いもので150万円前後、少し質が良くて屋根の広いお宅なら200万から300万円の工事費の増加を見込めるからです。

 

最初太陽光発電の設置を考えておられないお客様でも住宅メーカー、工務店は優秀な営業マンを遣わして言葉巧みに太陽光発電のメリットを訴えてくるでしょう。営業マンが用いる方法は太陽光発電を設置するならどれほど電気代が浮くか、紙とペンを取り出してきて試算をするのです。

 

彼らは必ず太陽光発電を設置するなら、何年後には元を取れます、その後は光熱費0生活ができる、と言うようなセールストークを繰り広げてくるでしょう。

 

しかし、ここで気をつけなければならないのは果たして何年で太陽光発電設置の元が取れるかという事です。

 

彼らの計算によれば15年から20年はかかるのです。ただしこれは日照時間など全ての条件がうまく整った場合の話なのです。

 

また15年から20年後私たちの生活はどのようになっているのか誰にも分かりません。もしかしたら引越しをしなければならず、持ち家を売却しなければならないかもしれませんし、何らかの天災に遭遇する可能性もあるでしょう。

 

仮に15年から20年で太陽光発電設置の元が取れたとしても、その後必ずメンテナンスが必要になってくるのです。

 

そう考えると営業マンの言葉巧みなセールストークに惑わされないよう私たちは気をつける必要があるのです。

コメントは受け付けていません。