太陽光発電の試算には、ある程度業者の「操作」が入ると思うべき

自宅に太陽光発電設備を導入する前には、各業者に毎月の発電量などの試算を行ってもらうことになります。

 

その数字を元にして、太陽光発電施設の導入費用が何年で回収できるかを計算することになってきます。

 

通常は太陽光発電施設の導入費用は、10年程度で回収できることが多いです。回収期間が10年程度であれば、普通の太陽光発電設備は15年や20年は使用できることが多いため、10年目以降はプラス収支となってきます。そのため、回収期間が10年程度ならば、太陽光発電設備の導入を決断する人が少なくないです。

 

しかし、いざ太陽光発電設備を導入すると当初の想定のような発電量が稼げないことが多々起こってきます。

 

これは太陽光発電施設導入時の業者の見積もりで、最も発電量が多い場合のデータといった操作が入っていることが原因となっていることが考えられます。そのため、見積もり時の業者の意見というのは、ある程度は割り引いて受け止めることが必要になってきます。

 

業者としては太陽光発電施設を販売するノルマがあるためにできるだけ購入してもらおうと、回収期間を10年以内に抑えるような数字を出してくることがあります。しかし、購入者としては見積もりの数字を鵜呑みにせずに冷静な判断をすることが求められます。

コメントは受け付けていません。